沖縄観光で外せない自然スポットの青の洞窟で魚たちと触れ合おう

SITEMAP

イカを見ているダイバー

沖縄の青の洞窟はダイビングスポットとしてとても有名

ダイバー

沖縄の青の洞窟は、ダイビングスポットとしてはとても有名です。そこは間違いなく魅力的なスポットと言えます。やはり幻想的な青い色に魅力を感じる方々が、多いですね。しかし、やはり危険があるのも事実です。大自然の脅威は軽視できませんが、それは沖縄の青の洞窟としても例外では無いのです。万が一の事故が生じてしまうのも困りますので、何とかそれは避けたいですね。
そのためには、ショップ選びが重要になってきます。その洞窟に潜るためには、どこかのショップのお世話になる事は確実ですね。きちんとサポートをしてくれるショップならば、それだけ安全に潜ることができます。
1つのポイントとしては、安全対策を徹底している事を示すマークがあるか否かです。沖縄にあるショップの幾つかは、初心者でも安全に海に潜ることができるように、所定の資格を保有しているのですね。現に沖縄の青の洞窟に潜るためのツアーを提供しているあるお店も、そのマークに関してアピールしています。公的機関から認められているショップなので、特に問題無く潜れると強調されているのです。そのような安全性をアピールしたお店の場合は、やはり青の洞窟でも安全に楽しむことができるでしょう。安全マークの有無は、ショップ選びの基準の1つになる事は間違いないですね。

沖縄の青の洞窟で魚と触れ合おう

沖縄観光で外せないスポット言えば青の洞窟。ダイビングやシュノーケリングの体験ができることで人気です。
沖縄の青の洞窟は膿が侵食してできた海蝕洞で、洞窟の中が海水に浸っています。これが洞窟の中が青くなるうえで重要なポイントになるのです。洞窟の中に光が反射することで海中でも魚を良く見ることができるのですが海の中では青以外の光を吸収してしまうため、海と洞窟を反射した光は青だけになってしまいます。その光景は神秘的で、リピーターもたくさんいます。
膿によって光が青くなる現象で一番身近なものと言えば空です。よく、なぜ空が青いのかという疑問がありますが、空が青い理由も膿が青以外の光を吸収した結果です。そして青い光だけを反射するので空が青く見えるというわけです。青の洞窟は観光スポットになっているせいか魚も人間に慣れているため、普通の海と違って魚と触れ合う時間を楽しむことができます。水面を泳ぐことが中心のシュノーケリングと海中を旅するダイビングはどちらであっても初心者から楽しめるようになっています。
このような自然スポットは沖縄本島から離れてしまうイメージがありますが、青の洞窟は沖縄本島の中間地点、真栄田岬にあります。観光の手軽さもうれしいポイントですね。

未経験の方々に沖縄の青の洞窟が最適な2つの理由

ダイビングを検討中の方々は、もちろん経験者だけではありません。未経験の方々も、数多く居る訳です。ところで海に潜るとなると、やはりスポットの選定は必要になります。沖縄の海にも、数多くのスポットがありますね。それでどこにすれば良いか迷ってしまうケースが、しばしばあるのです。
ところで未経験の方々ならば、沖縄の青の洞窟などはおすすめです。なぜならその洞窟には、2つの魅力があるからです。
まず1つ目ですが、未経験の方々に対するサポートが充実してショップが多いからです。しばしば沖縄の青の洞窟は、ダイビングのデビューの為に利用されるのですね。全く経験が無い方々でも、手厚くサポートをしてくれるお店が多いので、デビューには最適な場所と言えます。
それともう1つですが、実は青の洞窟は料金は比較的低めです。数あるスポットの中でも、かなりリーズナブルなのですね。例えばある沖縄のショップでは、青の洞窟に関するツアーを提供していますが、4,000円前後で楽しむことができます。他のスポットに潜るとなると、1万円以上する事もありますが、4,000円なら試しやすいでしょう。手軽な金額でダイビングのデビューをしてみたいと思う方々にも、おすすめの場所なのです。

沖縄の青の洞窟でダイビングするなら予約してから行こう

沖縄県恩納村にある青の洞窟は、全国各地にあるいわゆる青の洞窟の中でも特に有名なものと言えます。沖縄の青の洞窟内は、一般的な海とは一線を画すように青色に光り輝く美しい海、ダイビングスポットとして毎年多くの人が訪れています。沖縄の青の洞窟内の海水は非常に透明度が高いため、色の濁りがないのです。次に理由として挙げられるのは、青の洞窟の海底が白い岩であるということです。洞窟は石灰岩が削られてできていてその海底は白く、レフ板のような役割を果たしています。 そのため青い光が海底に反射して、水面をぽうっと青く光っているように見せます。さらに、青の洞窟は海面より上は非常に光が入りにくくて暗いですが、海面より下では海水による激しい石灰岩の浸食が起こっており、大きな空間があります。ここに大量の光が入り込んでくるため、暗い洞窟内との対比で水が光っているように見えるのです。 このようにして、青の洞窟は様々な自然現象が折り重なって生まれた、芸術ともいえる美しい景色を作り出しています。この事から、ダイビングをするのに最適な青の洞窟で、ぜひ貴方も沖縄に訪れた際にはチャレンジしてみてください。家族連れにも最適ですし、カップルでも一緒に潜ることができ、一生の思い出になるでしょう。特にシーズンの際は、ダイビングショップへ予約してから訪れることをおすすめします。

沖縄で有名なダイビングスポットの中で一番おすすめな青の洞窟

沖縄といえば、海に囲まれた土地柄もあり数多くのダイビングスポットがあります。そんな中でも、ぜひお勧めしたいダイビングスポットがあります。それは、「沖縄の青の洞窟」と言われる、恩納村真栄田岬にあるダイビングスポットです。青の洞窟と言えばイタリアカプリ島にある洞窟が有名ですが、沖縄も本家に負けないくらい綺麗な青の洞窟で、ひとたび洞窟の中に入れば、あたり一面眩いブルーに輝く幻想的な空間が人々を包み込みます。様々な会社がダイビングツアーを企画しており、気軽に沖縄の青の洞窟に行くことができます。一般的なツアーの内容は、軽いレクチャーを最初に受け、ボートで現地まで連れていってもらいます。港から青の洞窟までは近く、約5分ほどで辿り着きます。その後、青の洞窟でダイビングを行い、ツアーによっては魚の餌付けや水中記念撮影なども付いています。ツアーならコインロッカーやシャワー設備も提供してもらえるので、初心者でも安心してダイビングに挑戦することができます。また、ダイビングが不安な方はシュノーケリングで楽しむことができるでの、子供がいるご家庭にはお勧めの内容です。最近沖縄の青の洞窟の知名度の向上に伴い、混雑が慢性化しています。場合によっては、天候悪化や日没などで青の洞窟に入れない場合もあるので、できるだけ早い時間帯のツアーを予約することが成功のコツです。

INFORMATION

UPDATE LIST

2016/07/15
沖縄の青の洞窟でのダイビングを更新しました。
2016/07/15
初めてのダイビングは沖縄の青の洞窟がおすすめを更新しました。
2016/07/15
ダイビング前の基本的な準備はこれ!を更新しました。
2016/07/15
沖縄の綺麗な海でダイビングを更新しました。
TOP